People

Reiko Fukumoto

福本 鈴子

水のように鋼のように

広告は生き物のように変化し続けます。
クライアントさんの要望に対して、
水のように自在に応じ鋼の骨格にワクワク感をプラスして返す。
こうしたことを大事にし、広告を作り続けたいと思います。

アイディアがようやく出て全体が見え始めたとき、
あるいは迷ったとき、
対象が違えど必ず確認することは、
「この広告は子供が見ても大丈夫か」ということです。
優しいか、きれいか、楽しいか……

広告は明るい方がいい。
水のように鋼のように、柔らかくて強い「明るい広告」を。

WORKS